「はり治療」の効果について

怪我をしたその周囲に行う「はり治療」の鎮痛機構

うるまの匠整骨院では怪我や、痛みに対し「はり治療」を行っております。

「はり治療」の生体内での鎮痛機構を賦活させる方法はいくつか存在しますが、今日はその中の一つを紹介します。

怪我をしたその周囲に行う「はり治療」の鎮痛機構

(抹消組織レベルの鎮痛機序)

 怪我によって生じた炎症部位にはオピオイド(痛みを抑える物質)を含有した免疫細胞が多数存在します。

 その部位に鍼刺激行うことで免疫細胞にオピオイドを放出させ、鎮痛を起こします。
 
 これが、炎症周囲に「はり治療」を行う際の鎮痛のメカニズムになります。

捻った、ぶつけた、ひきつった(肉ばなれ)、寝違え、ぎっくり腰など、ご相談ください。

筋性疼痛に対する鍼・徒手療法・可視総合光線療法は
うるま市石川東恩納の「うるまの匠整骨院」へ

【うるまの匠整骨院】   ☆当院の治療方針はコチラをご覧ください。

初診の患者様へ初診時の流れ

アクセスはコチラ

ご来院前にご予約いただくとスムーズです。
TEL:098-987-8555

LINEからもご予約、お問い合わせができます!
(※当日中のご予約はお電話をおすすめいたします。)
LINE@:@vqt7135

HP:http://urumano-takumi.okinawa

a:133 t:1 y:1

コメント


認証コード4017

コメントは管理者の承認後に表示されます。